JP / EN
お気に入りした求人を一括応募!

MENUCLOSE

スカウトを受け取る

JOB SEARCH

  • こだわり条件で探す
  • フリーワードで探す
職種
勤務地
希望年収

blog

転職エージェントとの面談で伝えるべき5つのポイント

転職活動を行う上で転職エージェントに登録する方は多いのではないでしょうか。
この記事では、よりスムーズな転職活動を行うために転職エージェントとの面談で伝えるべきポイントを5つに分けてご紹介いたします!


 

1. 希望条件に優先順位を付けて伝える

よりマッチしたポジションをご紹介する上で、転職者の希望条件は細かくヒアリングを行います。

しかし、あまりにも条件が多すぎるとご紹介の数が大幅に減ってしまうため、”絶対に譲れない条件”は1~3つほどに留め、残りは”重要だけど、他の条件との兼ね合いで妥協も検討””あれば嬉しい”、のように優先順位をつけていただくことで、転職エージェントは期待値を管理しながら紹介しやすくなり、より多くの求人をご紹介することが可能です。

 

2. 希望条件の背景を伝える

転職者の希望条件が「自宅から30分のところの企業だけを希望」であった場合、この通りに探してしまうとどうしても紹介できる求人数が少なくなってしまいます。
例えば、希望条件の背景が「自宅に早く戻って、子供の面倒をみたい」などであれば残業時間が少ない企業や在宅勤務ができる企業など他の手段で希望を叶えるお手伝いが可能ですので、転職エージェントに希望条件を伝える際はその背景も伝えるとより効果的な転職サポートを受けていただけます。

 

3. 過去の退職理由を本音で話す


転職エージェントとの面談で、退職理由を伝える際に「上司と合わない」という本当の理由を「裁量権の大きい会社で働きたい」など当たり障りのない理由で伝えてしまうと転職者への理解が充分に深まらず、中途半端な支援になってしまうことがあります。本音で伝えることに抵抗を感じられる方も多いかとは思いますが、退職理由をオープンに話していただけることで、より良いご紹介をすることが可能です。また、企業との面接の際は退職理由の伝え方を考える必要がありますので、その際は転職エージェントと一緒に考えましょう。

 

4. 直近の他社面接の志望度が高い・低い理由を可能な範囲で伝える

実際に転職者が転職活動の中で感じられている、「こういう業界の、こういう業務内容にはとても興味を持った」「英語を頻繁に使えなさそうなので辞退した」「面接官の方が○○なタイプで合わないと思った」などの情報はとても参考になります。
実際の転職活動の中でのリアルなフィードバックを可能な範囲で伝えていただくことで、単純な条件(給与や在宅勤務の頻度など)だけではわからない、転職者の希望条件が見えてくるため、より精度の高いマッチングを行うことが可能です。

 

5. 他社の選考状況を伝える

答えにくく思われてしまいがちですが、他社の選考状況を随時アップデートしていただくことで、紹介している求人のスピード感を調整するための協力が可能です。また、すでに応募済みの企業をご紹介するための時間を他の企業をご紹介するために使えるため、より効率的なご紹介が可能です。

転職エージェントとの面談はよりご自身の希望に近い求人の紹介を受けるための近道になります。
企業との面接とは異なるため、希望条件や退職理由を本音で伝えることをおすすめいたします。

 

下記よりご登録いただきますとご希望の求人をメールにて受け取ることが可能です!

リファレンスチェックとは?質問内容やメリットを解説

——– キャリアスカウトジャパンについて ——————————————–

キャリアスカウトジャパン株式会社(CSJ)は、経理・財務、サプライチェーン・物流、人事の専門性に特化し、関東(東京・神奈川・埼玉・千葉他)に所在する幅広い業種の外資系優良中小企業へのハイレベルの人材紹介を行っています。

▼SNS更新中!▼

■LinkedIn■Twitter■Youtube

——————————————————————————